トップ会長挨拶歯科医師会活動歯科医院検索リンク


倉増会長

岩見沢歯科医師会
 会長 倉増 淳
 一般社団法人岩見沢歯科医師会のホームページをご覧いただき有難うございます。
 岩見沢歯科医師会は、冬は北海道でも有数の豪雪地帯、しかし、夏には緑豊かな田園地帯となる道央地区に位置しております。設立は昭和23年7月30日で、現在、岩見沢市、三笠市、夕張市、栗山町、長沼町、由仁町、南幌町、月形町の3市5町の歯科医師で構成され、会員数は101名です。

 私たち岩見沢歯科医師会会員は、良質で安全な歯科医療を提供できるよう日夜研鑽することはもちろん、公益団体として妊産婦健診、1歳6か月児健診、3歳児健診、学校健診、事業所健診などの健診事業、幼稚園・保育所・小学校におけるフッ化物洗口事業、健口相談や講演、良い歯のコンクールや8020コンクールなどの歯科公衆衛生普及事業。さらに在宅等訪問診療や行政の医療・介護・防災・精神福祉など多数の委員会に参加し、より健康で住みよい地域になるよう提言しております。

 現在、我が国は諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進んでおり、65歳以上の人口は国民の4人に1人に当たる3000万人を超え、この後もその割合は増加する傾向にあります。この状況の中、800万人ともいわれる団塊の世代が75歳以上になる平成37年には、国民の医療や介護の需要が増加することが見込まれています。
 国はこの平成37年度をめどに住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう医療、介護、予防、生活支援などが一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の完成を目指しています。当会としても行政や医療はもとより介護・福祉関係者などの多職種の方々と積極的に連携して、地域住民の健康の保持・増進をお守りするよう努めております。

 最後に、我々岩見沢歯科医師会会員は「歯科医療が地域の皆様方の生活力を支える医療」であるという自覚を胸に皆様方と共に歩んで参りたいと思っていますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2006 Iwamizawa Dental Association